【実例⑩】卵巣がん

[基礎データ] 病名:卵巣がん
患者:80代 女性 Fさん
事前経過
 ターミナルを自宅で過ごしたいと望んだのは、彼女が68歳の時、自宅で夫を約1年2ヵ月にわたり看病をされたことに始まります。
 夫は口腔底がんで骨に転移があり、気管切開で会話ができず精神的に落ち込み、食事も摂れていませんでしたが、本人、妻であるFさんとも自宅療養を望まれ、大学病院より当院へ紹介されました。訪問診療、訪問看護では、何とか筆談でコミュニケーションをとりながら、輸液や栄養補助食品で栄養状態の改善を図り、口の中や全身を清潔に保つようにし、少しでも自宅の中を歩けるようにとリハビリも進めました。その結果、一時は小康状態となり、息子や孫が時々来てくれるのを楽しみにされるようになり、ベッドから立ち上がり、家の中を妻に付き添われて歩くことも出来るようになりました。
 しかし、がんは次第に進行し、麻薬投与が必要となる中、妻は「とにかく楽なように・・・」とのみ願っておられました。最後の2ヵ月間は呼びかけにうなずく程度の状態でしたが、家人に見守られながら息を引きとられました。
当院へ入院
 その後、Fさんは独り暮らしをされながら、高血圧で外来通院をしていました。そんなある日、腹満を訴え、検査をした結果、進行した卵巣がんが見つかりました。
  地域のがん拠点病院で化学療法を受け、ある程度、治療効果はみられたものの、全身状態は良い状態にはなりませんでした。しかし、本人は、夫を在宅療養で看取った経験からか、在宅療養を強く希望されていました。そして、息子、娘が交替で母親の看病に帰ってくることになり、在宅医療へと移行することになりました。食欲が殆どなく、中心静脈栄養管理を行いつつの退院で、すでに全身状態はターミナル(→①)に近く、疼痛緩和のため麻薬使用も開始されていました。
在宅療養
 自宅療養は、訪問診療週2回、訪問看護週5回という計画で開始し、万一を考えての在宅酸素も準備しました。
  ターミナルケアの状態ではありましたが、住み慣れた自宅での療養はどこかほっとするようでした。娘の作った料理に「おいしい、おいしい」と食欲が出たり、孫の顔を見る楽しみが増えたりと、入院中より元気になり、訪問した看護師に「やっぱり家がえーわ」と言って、とても喜んでいました。
  麻薬を徐々に増量して何とか疼痛を抑えながらも、そうした心穏やかな在宅療養を約1ヵ月半ほど送ることができましたが、次第に状態は悪化。家族の見守る中、静かに永眠されました。

①ターミナル

あらゆる手を尽くしても治癒に導けない状態。むしろ積極的な治癒が患者にとって不適切と考えられる状態を指します。通常、余命6ヵ月以内と考えられ、できるだけ苦痛を少なくするなどのターミナル・ケアが求められます。