栄養科
「栄養ケアマネジメント」計画のもと、患者さま一人ひとりを見つめた栄養ケアと食べる楽しさ、喜びを提供します。
栄養ケアマネジメントとは…

栄養ケアマネジメントは、患者さま一人ひとりの栄養状態を把握するとともに、食べ物の嗜好や食事の摂食機能に応じて栄養ケア計画を作成・実施することで、病状回復や退院遅延の原因ともなる低栄養状態の予防改善に役立てていこうとするものです。
まず、身長・体重や食物アレルギーの有無、血液データ、摂食・嚥下機能など、患者さまごとに栄養スクリーニング(選別)を行い、低栄養状態へのリスク度を調べます。それを元に、個別の病状に合わせた栄養ケア計画を立て、早期回復を図るとともに、便秘対策、褥瘡予防にも取り組みます。
実行にあたっては、医師を中心に、摂食機能訓練を行う言語聴覚士、喫食状況を伝える看護師や介護職員など、多職種が協働で見守り、定期評価を行いながら、健康維持と病状回復への成果が見える栄養ケア実施につなげています。

「食べ物の提供」から「食べたくなる工夫」へ

これまで管理栄養士・栄養士は、食事という“もの”を提供することを業務としてきましたが、これからは患者さま個々の“人”を中心とした業務に変えていくことが大切です。つまり、「食べ物の提供」から「食べたくなる工夫」への転換こそ、栄養ケアマネジメントの基本的な取り組み姿勢です。
永生病院ではこれまでも、「口から食べる」ことを最優先課題として摂食・嚥下
訓練食に積極的に取り組むとともに、四季折々の行事食、ご家族食事会なども随時開催し、患者さまのQOL(生活の質)を考えた食を提供してきました。
そして、栄養ケアマネジメントの導入でさらに「食べたくなる工夫」を重ねています。患者さま個別の栄養策を考慮した食材の調理を工夫し、見た目が普通食と同じような形に仕上げたソフト食など、楽しんで食べていただけるメニューを増やしたり、ご家族にもお知らせすることで患者さまの嗜好にも対応しながら、喫食率向上による低栄養予防と体調管理、病状の早期回復に努めてまいります。

 

永生病院の食菜々

選択メニュー(週3回)

メニューが選べる喜びを、入院中にも感じていただけるよう、 入院食メニューを数種類の中から選べる日が週3回あります。

ご家族食事会(バイキング形式)

介護療養病棟と通所介護においては、毎月1回、バイキング食を実施しています。
この日はご家族も参加して、楽しいひとときになります。

嚥下訓練食

当院では、食べ物が上手に食べられない方には「ソフト食」という食事を提供しています。
ソフト食とは、口の中で咀嚼(そしゃく)する時、舌で押しつぶすことのできる程度のやわらかさでまとまった形状となり、飲み込みやすい食形態であり、安心して召し上がっていただけます。

行事食

入院中に四季折々の季節感や旬の食材を味わっていただくために、その月々の行事に合わせた「行事食」を提供しています。

当院の給食・栄養管理に厚生労働大臣表彰

病態に対応した献立作成、入院・外来の患者さま一人ひとりに応じた個別栄養指導体制、給食施設・設備の管理体制などが認められ、2007年9月、優良給食施設として厚生労働大臣表彰を受賞しました。

初診の方、お困りの方へ
    Q.もし入院した場合はどのような食事を提供してくれるのですか?
  • 当院では、普通食をはじめ糖尿病食や高血圧食、透析食など、その方の疾患に合わせた治療食や、口からとれない方には経管から栄養を補給するお食事など、個人個人の病態に対応した食事を提供しています。
    Q.家での食事療法が難しいのですが、教えてもらえますか?
  • 透析食や糖尿病食などの治療食が必要な患者さまやご家族(15名まで可能)には、調理実習を伴った集団栄養指導を毎月1回行っていますので、ご希望の方はご相談ください。
    Q.栄養指導を受けたいのですが、どうすればいいですか?
  • 入院されている方、外来通院されている患者さま共に、医師が必要と認めた方が対象となります。ご希望される方は医師や看護師にご相談ください。管理栄養士が治療食の指導や家での食生活のアドバイスを行います。