入院:一般病棟[40床]

急性期の患者さまがゆったり療養できるよう、1床8平方メートルの快適な入院環境を用意し、万全な看護体制のもと、患者さまの安全、安心、尊厳を大切にした質の高いチーム医療の提供を目指し、介護サービス事業部門とも連携をとりながら退院まで支援いたします。また、退院に向けて、患者さまやご家族の方々のご意見を聞き、介護療養型病棟、通所サービス等の支援もさせていただきます。
院内感染防止対策、医療安全管理対策、褥瘡予防対策などについて、各委員会を持ち、日々医療の質向上に取り組んでおります。

多職種合同の回診

回診には、医師、看護師、管理栄養士、リハビリスタッフ、ケアマネジャーなど、関係する職員がすべて顔をそろえます。 ケアスタッフからの提案も、この場で医師が判断し指示。この指示はすぐ担当職種が受け、実行にあたります。

カルテの一元化

当院ではカルテを一元化しています。カルテを保管しているスタッフステーションには、医師をはじめ、リハビリスタッフ、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、放射線技師、医事課スタッフも集まり、それぞれの業務を行い、その結果がまたカルテに記されていきます。
従って、定期の検討会や委員会とは別に、普段より多職種間の連携がスムーズになり、チーム医療による医療の質向上にもつながっています。

医療と介護で情報共有

当院が進めているのは、医療と介護の融合です。病院スタッフも患者さまの退院後の生活を想定しながら看護計画を立案し、介護認定の申請から種々の介護保険下のサービスを進める段階まで携わります。
この過程で病院スタッフだけでなく、介護サービスを提供する事業所のスタッフとも情報を共有することで、スムーズな自宅療養へとつないでいきます。

退院前訪問

退院後の生活を想定し、実際の生活に即した効果的な入院中の看護ケアを行えるよう、入院後早期にご自宅への退院前訪問を行っています。リハビリスタッフ、ケアマネジャー等も同行し、訪問で得た情報をもとに入院中の看護計画を立て、看護ケアや病棟リハビリに取り組んでいます。
退院直前には、患者さま本人と同行し、退院後の生活指導を行います。


介護療養型病棟の入院リハビリテーション

個室をご希望の方は、看護師に声をかけてください。
個室利用料は下記のとおりです。

一般病棟個室利用料(1日につき)
203号室

3,240円/日

205号室 1,620円/日
206号室 3,240円/日

208号室

3,240円/日
210号室 3,240円/日
初診の方、お困りの方へ
    Q.入院時や入院中に必要なものは、病院内の売店でそろいますか?
  • はい、そろいます。各ベッドに備え付けしているしおり「入院された方へ」の中にも、商品の一覧を掲載しております。
    Q.付添ベッドや布団は病院で貸してもらえますか?
  • 付き添いが必要な方には、付添ベッドを1日450円(税抜き)で貸し出しております。
    布団は、掛け布団、肌布団を用意しておりますが、寒い場合は病棟スタッフにお申し出ください。
    Q.入院中に外出・外泊したいのですが、担当医の許可があればOKですか?
  • はい。担当医の許可があれば外出・外泊できます。
    Q.「いびき」がひどく、気になります。個室とかも検討したいのですが…?
  • 個室をご希望の場合は、病棟責任者にお申し出ください。
    Q.CDプレイヤーやラジオの持込はできますか?
  • はい、大丈夫ですが、お聴きになる時は他の入院患者さまの迷惑にならないよう、イヤホンをご利用ください。
    Q.テレビの持込はできますか?
  • テレビの持込はご遠慮願います。
    一般病棟は各ベッドにテレビが備え付けとなっております。介護療養型病棟では、離床を図るため、食堂にテレビを設置しております。ご希望の場合はスタッフまでお申し出くだされば、ご準備いたします。テレビカードをご購入の上、ご使用ください。
    Q.食べ物の差し入れはいいですか?
  • 病状により食事に制限のある場合がございます。どうしても、というご希望がある場合は、看護師・管理栄養士にご相談ください。