当院リハビリのあらまし
一人ひとりの人生に目を向けて。
リハビリテーション科の基本方針

リハビリテーション(rehbilitation)とは、ラテン語で「re」再び、「habiris」という形容詞、「tara」という動詞語を表し、「再び〜に適したものにする」という意味です。人間が社会に適応し得ない状態になった時、再び社会に適応できる状態に戻すこと、すなわち「権利・資格・身分の回復」等の「人間らしく生きる権利の回復」「全人間的復権」を意味します。
私たち永生病院リハビリテーション科スタッフは、このリハビリテーションの定義に基づき、永生病院の「信頼される医療・保健・福祉を提供し地域の健康増進に貢献する」という基本理念のもと、地域に根ざした病院として、亜急性期・回復期・維持期・在宅への流れにおいてのサービスが要求されています。これら各期における円滑な社会復帰、在宅復帰を促すことが当院リハビリテーション科の方針と考え、適切な治療・ケアを提供することに最大限努力しています。

様々な疾患がリハビリテーションの対象になりますが、後遺症が残ることも少なくない脳血管障害等の場合でも、「治るところを治す」のではなく、一人ひとりの人生に目を向けて、最終的に、障害があっても在宅で「その人らしい人生を送ることができるようになる」ことを目標として取り組んでいます。

永生病院リハビリテーション科の体制

病気やけがにより障害を受けてしまった人々に対し、残存機能を最大限に引き出し、住み慣れた地域(家庭)において、生き生きと豊かに生活することを援助するために、医療・保健・福祉の総合的な支援を、リハビリスタッフをはじめ、医師や看護師、ケアマネジャー等チーム医療体制で実施しています。さらにご自宅への訪問リハビリテーションも行っています。

【対象疾患】
脳血管疾患、関節リウマチ、骨折・変形性関節症などの整形疾患、パーキンソン病などの神経難病、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患、その他、リンパ浮腫など、ほとんどの疾患が対象となります。

【スタッフ体制】 スタッフ体制

初診の方、お困りの方へ
    Q.車椅子で通院し、リハビリを受けたいのですが…?
  • まずは外来にて、医師の診療を受け、どのようなリハビリが必要かを判断してからになります。必要に応じて送迎も行っておりますのでご相談ください。
    Q.耳が遠く、コミュニケーションがとれないのですが、リハビリに参加できますか?
  • 筆記で会話するなどの方法を用いながらリハビリを行いますので、安心して参加してください。
    Q.リハビリには、場合によって家族の同伴も必要ですか?
  • 基本的に必要ありません。家庭での生活においてご家族の介助が必要な場合は、その方法等について、患者さまと一緒に指導させていただいています。
    Q.外来や訪問リハビリでも、言語訓練は受けられますか?
  • 主治医が、言語訓練が必要と認めれば受けることができます。ただし、訪問リハビリについては、外来訓練が困難な方に限ります。
    Q.摂食嚥下リハビリは、どのようなことをするのですか?
  • 脳卒中の後遺症などにより、飲み込みが難しい方に対して、必要に応じて嚥下造影検査を実施し、姿勢や食べ物の形態、食べ方などを検討し、より安全にお食事がとれるようサポートします。
    Q.リハビリでは歩行などに必要な用具の相談にのってくれますか?
  • 個々の患者さまに適応した靴、杖、歩行器、シルバーカー等の用具を選定いたします。