検査:臨床検査科
【永生病院で受けられる臨床検査】

臨床検査は大きく分けて、血液や尿を調べる「検体検査」と、患者さま自身を検査させていただく「生理検査」に分けられます。当院では、検体検査として、一般検査、血液検査、生化学・免疫学検査を、生理検査として、心電図、24時間ホルター心電図、負荷心電図、肺機能検査、ポリグラフ検査(血管年齢等を測定)を院内で実施しています。各検査の特徴は以下の通りです。

当院では、主に尿と便の検査を実施しています。尿は体内の代謝産物であり、尿中の蛋白や糖などを調べることで多くの情報が得られます。また、便では、血が混じっていないかどうかを調べて、消化管の出血の有無を調べます。

血液中の赤血球、白血球、血小板やヘモグロビンを測定することで、貧血などの血液疾患や炎症の程度を調べます。その他、一部の凝固検査も行っており、抗凝固剤などの服薬コントロールなどに役立ちます。

血液中の酵素、蛋白質、糖質、脂質、電解質などを測定して、肝臓や腎臓の機能や栄養状態、炎症の程度などを調べます。また、簡易測定キットによるインフルエンザ抗原の検査なども実施しています。

患者さま自身に直接機器を付けさせていただいて、血管年齢や心臓・肺の機能を調べます。

※微生物学的検査や特殊な生化学・免疫学検査などについては、外部施設に委託して実施しております。

血液型検査や交差適合検査を行うほか、血液製剤の適切な管理のもと、患者さまへの輸血療法に際して、より安全に行えるよう努力しています。

院内感染対策に関する情報提供

・入院患者さまの各種細菌の検出状況や、薬剤感受性成績などをまとめ、週1回「院内感染情報レポート」として、各病棟へフィードバックしています。

・カテーテル挿入など、感染しやすい状況にある患者さまの「感染症サーベイランス」(監視)を行い、毎月の院内感染対策委員会で報告しています。

・院内で検出された分離菌の種類や推移を、検体の種類や病棟別に把握したり、菌種別に抗菌薬感受性率をまとめています。

初診の方、お困りの方へ
    Q.どのような検査が受けられますか?
  • 臨床検査は大きく分けて、血液や尿を調べる「検体検査」と、患者さま自身を検査させていただく「生理検査」に分けられます。
    当院では、「検体検査」として、一般検査、血液検査、生化学・免疫学検査を実施。「生理検査」として、心電図、24時間ホルター心電図、負荷心電図、肺機能検査、ポリグラフ検査(血管年齢等を測定)を院内で実施しています。
    Q.検査の結果は当日中にわかりますか?
  • 院内で実施している検査については、当日中に結果をお知らせできます。
    但し、微生物学的検査や特殊な生化学・免疫学検査(ウイルス抗体や腫瘍マーカーなど)は外部委託となるため、結果がわかるまでに1週間程かかる場合があります。
    初診の方、お困りの方へ
    細菌を短時間で区別し、治療初期に役立つ「グラム染色検査」を導入。

  • 通常、病気の原因となっている細菌を区別し、どの薬剤が効くのかの詳細を調べるには少なくとも数日掛かるため、緊急時の迅速な対応が難しいのが実情でした。
    検査科に新たに導入した「グラム染色検査」は、喀痰や尿の中にいる細菌を特殊な色素で染め上げ顕微鏡で観察し、細菌を大まかに区別する検査です。結果が出るまでに1時間という迅速な対応が可能になり、治療初期における抗生物質の選択などに大きな役割を果たします。