居宅介護支援事業所 いこいの郷
ご利用案内

【利用対象者】

要介護認定を受けている在宅の要介護者(要介護1~5)

【サービスの内容】

◆ケアプラン(サービス計画書)の作成
◆介護相談
介護全般にかかわるご相談を承ります。お気軽にご相談ください。
◆介護保険の申請代行
ケアマネジャーが新規・更新・変更申請書等の諸手続きを代行いたします。
◆主治医や各サービス事業所との連携・調整
主治医やサービス事業所と多職種が協働し、利用者さまをサポートします。
◆サービス担当者会議の開催・モニタリング及び苦情の相談
◆ケアプランの作成及び介護相談には自己負担はありません。

在宅サービスの利用限度額

介護保険によるサービスは、要介護及び要支援の区分に応じて、保険給付の上限額が決められています。利用者の自己負担は1割です。
上限額を超えてサービスを利用する場合は、その分が全額自己負担になります。

【サービス提供時間】

要介護 認定の目安 支給限度基準額
居宅サービス費 住宅
改修
福祉
用具
要支援1 障害のために生活機能の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。 5万9730円 20

10


(年)
要支援2 障害のために生活機能の一部に低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。 10万4730円
要介護1 身の回りの世話に見守りや手助けが必要。立ち上がり、歩行等で支えが必要。 16万6920円
要介護2 身の回りの世話全般に見守りや手助けが必要。立ち上がり、歩行等で支えが必要。
排泄や食事で見守りや手助けが必要。
19万6160円
要介護3 身の回りの世話や立ち上がりが一人ではできない。排泄等で全般的な介助が必要。 26万9310円
要介護4 日常生活を営む機能がかなり低下しており、全面的な介助が必要な場合が多い。
問題行動や理解低下も見られる。
30万8060円
要介護5 日常生活を営む機能が著しく低下しており、全面的な介助が必要。多くの問題行動や全般的な理解低下も見られる。 36万650円

◆お問い合せ先 TEL:0877-73-3655(担当:川瀧)

初診の方、お困りの方へ
    Q.ケアマネジャーって何をする人?
  • 介護サービス計画の作成、課題分析、サービス実施後の管理から再評価まで、介護に関しての総合的な支援を行います。また、利用者さまやご家族からの相談に応じて適切なサービスが利用できるよう連絡調整し、各利用者さまに合ったケアマネジメントをします。
    Q.介護保険のサービスを受けるにはどうすればいいのですか?
  • 市町村の窓口へ申請し、要介護認定を受ける必要があります。申請用紙に記入し、介護保険証も合わせて提出します。詳しくは当事業所にご相談ください。申請代行もお引き受けします。
    Q.要介護を認定してもらうためには、どんな調査があるの?
  • 要介護認定の認定調査は、調査員があらかじめ電話で日時をお約束して訪問し、ご本人の心身の状況を聞き取り調査します。聞き取り調査の内容は、麻痺や関節の動き、入浴、排泄、食事、もの忘れ、徘徊など。
    Q.サービス利用料負担はどうなるの?
  • 介護保険からサービスを受けた時は、原則としてかかった費用の1割を負担します。費用は、サービスごとに法定価格が定められています。施設に入った場合は「食費」と「居住費」の負担が別途必要です。日帰りで通うサービスの場合には「食費」が別途必要です。
    Q.入院中は介護保険の申請はできますか?
  • 入院中の方は、治療よりも介護の必要性が高くなった時点(退院が見込まれるなど)において、申請を行うようになります。現在、入院中の方であれば、医師、看護師、ケアマネジャーにご相談ください。
    Q.退院後の在宅介護や保健福祉サービスなどについての相談は、どこにしたら良いのでしょうか?
  • ケアマネジャーがケアプランを作成する他、利用者や介護者が安心してあ介護サービスが利用できるように支援します。ケアプランの作成及び相談は無料です。
    Q.介護保険証を無くしてしまった場合はどうすればいいですか?
  • お住まいの市町村の介護保険課で再交付できます。
    Q.65歳に満たなくても介護保険は受けられますか?
  • 40歳から64歳の方で、脳血管疾患、リウマチ、パーキンソン病など16の特定疾患に該当すれば受けられます。