理事長・院長メッセージ
医療法人圭良会 永生病院
理事長・院長
 森 伊津子

 超高齢化社会に突入し、労働人口が減少している現在、世界で高く評価されてきた“いつでも、どこでも、だれでも平等に必要な医療を受けられる”国民皆保険制度のあり方も大きな曲がり角に立っています。
 「高齢者医療」が圧倒的ボリュームを占める今後の医療に求められるのは、単に「寿命を延ばすこと」ではなく、「健康寿命を延ばし、いかにその人らしく生きるか」への方向転換です。しかしながら、高齢者医療においては、単一臓器を専門的にみる場合と異なり、複数の疾患が絡み合って存在しているため、マニュアル化が難しく、高齢者特有の複雑な病態に難渋しているのが現状です。
 今後、「高齢者医療」に関する臨床研究が進み、この分野が学問的に確立されていくことを期待すると同時に、今、その高齢者医療を支える現場としての私どもに何ができるかを真剣に考える先に浮かび上がってきたのが、患者さま一人ひとりの人生に寄り添う『医療と介護の融合』です。
 患者さまを目の前にした時、ここまでが医療、ここからが介護という境目はありません。それぞれが抱える病状を安定させ、在宅生活における課題を克服して在宅復帰へと一歩一歩近づけていく日々の過程において、医療と介護に関わる多職種がその人らしい生活を視野に入れながら、互いに知恵を出し合い、患者さま一人ひとりのベストな明日へと導く「チーム医療」を実践していくことこそが、私どもの考える『医療と介護の融合』です。
 今後とも、地域密着型病院として信頼される医療・保健・福祉を目指し、スタッフ全員が一層の努力を積み重ねながら、患者さま一人ひとりに求められるより良い医療・介護サービスの向上に真摯な姿勢で向き合ってまいります。